Innocent Room

主にアイドルマスターシンデレラガールズ・パワプロについて書いていきます。

2008 林昌範(巨人) パワナンバー【再現選手】

こんにちは。

 

今回は移籍前年度の林昌範投手です。

 

 

f:id:clt_ins0106:20200530162639j:plain

 

f:id:clt_ins0106:20200530162655j:plain

 

パワナンバー:11000 30576 44188

 

”ケガに泣いた左の摩天楼”

 

林昌範(2008)

11登板 0勝0敗1H 10 2/3回 14奪三振

 

【選手について】

00年代前半~中盤の高卒若手投手陣の中で数少ない「育った」と言える投手。高校時代は故障の影響で登板機会が少なくドラフト7位入団となったものの、高身長から放たれる真っすぐとフォークは抜群のキレを誇る。

ドラフト下位ではあったものの、2003年に若干20歳にして先発ローテの一角を任される。2005年にはリリーフに転向し、イニングと同程度の三振を奪える投手として巨人ブルペンを支えた。

だが2008年は前年に肩を手術した後遺症からか、制球に苦しむことに。イニング数以上の四球を出す乱調ぶりで長い2軍生活を余儀なくされた。

この年のシーズンオフに二岡智宏選手とともに日本ハムに移籍。翌年から2年連続で30試合以上に登板し苦しい投手陣を支えた。

DeNA移籍後も貴重な左の中継ぎとして重用された。2017年限りで引退し、現在は実家である「船橋中央自動車学校」で営業を務めている。また、千葉県内で放送される『高校野球ダイジェスト』でキャスターも行っている。

 

【能力について】

今回は「ケガと制球難さえなければまだまだいける」がコンセプトです。総変化量はちょっと盛った。

ピンチF

LOB率67.2%

3被弾のうち2被弾が3ラン。

ケガしにくさF

不調は手術明けの影響も大きかった。

対左C

対右被打率.333

対左被打率.278

キレ〇・奪三振

奪三振率11.81

この年度のサンプル数は少ないが、過去3年間も高い奪三振率を記録した+フォークのキレのよさから

一発

HR/9:2.53

四球

BB/9:10.13

 

【感想など】

日本ハム移籍の裏にはナニかあったという噂もありますが……まあ移籍先でも結果を残したので問題ないでしょう。

投げっぷりが非常に良い投手でしたね。

 

ご覧いただきありがとうございました!