Innocent Room

主にアイドルマスターシンデレラガールズ・パワプロについて書いていきます。

【パワプロ2018】2008 西村健太朗(巨人) パワナンバー【再現選手】

こんにちは。

 

今回作成した再現選手は抑え転向前の時の西村健太朗投手です。

 

 

f:id:clt_ins0106:20200513175548j:plain

 

f:id:clt_ins0106:20200513175608j:plain

 

パワナンバー:11200 70505 98058

 

””前半戦を支えた若き速球派リリーフ””

 

西村健太朗(2008)

43登板 6勝2敗12H 45回 26奪三振 3.00

 

【選手について】

先発・中継ぎ・抑えとどの起用法をこなしても一定以上の成績を残せる万能型パワーピッチャー。20代前半は先発と中継ぎを同時にこなしつつコマ不足の投手陣を支え続けたものの、同時にケガもつきまとうキャリアだった。

 

2003年に「センバツ優勝投手」の看板をひっさげ巨人に入団。2006年頃までは先発として期待されていたが、タフさを買われ2007年からは中継ぎ転向。再現年度はリリーフとしての2年目。

シーズン当初こそ炎上が続いたものの徐々に復調。特に5~6月は23登板・25 1/3イニングを投げて自責点1に抑えるなど完璧な投球を見せた。

しかし、交流戦終了時点ですでに36試合に登板し5回も3連投以上を経験させられる酷使っぷりから、右肩痛を抱えてしまう。結局オールスター後には4試合しか登板できず後半戦の大半をリハビリに費やすことに。

それでも防御率を前年(4.36)より1点以上良化させ、成長を見せたシーズンとなった。その一方で故障癖はその後2年ほど尾を引くことに。

 

2011年に先発として復活すると、2012年以降はリリーフとして獅子奮迅の働き。2013年にはセーブ王にも輝いた。2018年を最後に引退し、現在はジャイアンツアカデミーの講師を務める。

夫婦そろってアニメファンであることも知られている。

 

【能力について】

登録名

育成に西村優希投手がいたため「西村健」表記で

適性

2005~2006年頃は先発だったことから先発◎に。抑えに本格転向したのは2012年以降なのと、2008年までは通算1Sしか挙げていないので抑えは〇にとどめました。

対左B

対右被打率.264 対左被打率.204

クイックB

クイックタイムで安定して1.1秒台を叩き出している。1.2秒台が平均なのでかなり速い。

逃げ球

この年は本塁打を1本も打たれていない。

内角攻め

シュート攻めの威力再現。好成績にも関わらず奪三振率が5.20と低いので、補填の意味でも。

打たれ強さE

失点した6試合のうち5試合で複数失点している。

なんやかんや他の試合はランナーを出しつつも抑えているのでFはやりすぎかな

ケガしにくさE・回復C

かなり迷った。

本来はケガで後半戦を棒に振っているためケガFでも問題ない一方で3連投4連投を当たり前にこなしている(しかも抑えてる)ので回復Bでも良いライン。

だが、実際は酷使がたたってケガにつながったと考える方が妥当。そのため、ケガE回復Cでとどめた方が「首脳陣によるキャパオーバー感」を再現するには近いのかなと。

 

【感想など】

後半戦に越智投手・山口投手が出てきたこともあってか、当時の筆者は「もう1軍に戻ってこれないかも……」と心配していた節もあります。

それを覆す2011年以降の復活劇はかっこよかった。そして後期3連覇に一線級で活躍してくれたのはかなり嬉しかったです。

 

ご覧いただきありがとうございました!