Innocent Room

主にアイドルマスターシンデレラガールズ・パワプロについて書いていきます。

2008 越智大祐(巨人) パワナンバー【再現選手】

こんにちは。2008巨人選手の続きです。

 

今回は越智大祐投手です!

 

 

f:id:clt_ins0106:20200530142254j:plain

 

f:id:clt_ins0106:20200530142308j:plain

 

パワナンバー:11100 70545 98060

 

”目覚めた剛腕「雷神」”

 

越智大祐(2008)

68登板 3勝3敗10H 71 1/3回 101奪三振 2.40

 

【選手について】

150km/hオーバーの速球をどんどん投げ込む。鋭く落ちるスライダーやフォークを持っている。連投もOK。そしてイケメン。と救援投手に必要な能力を数多く兼ね備えた速球派右腕。

入団から2年は1軍登板なし。実は入団時に卒業のための単位が足りず、大学とプロ野球の2足のわらじを余儀なくされたこともあった。

今回の再現年度である2008年は、彼にとって大ブレイクの年。オープン戦で結果を残し開幕一軍を手にすると、開幕戦で早速プロ初登板。3.4月を防御率2.16で乗り切ると、徐々に重要な場面での登板が増えていき、連投になる機会も増えていく。それでもシーズン通してフル回転を見せ、チーム最多登板を達成。チームの優勝に大きく貢献した。

同級生の山口鉄也投手とはプライベートでも仲が良く、後に「風神雷神」と呼ばれる名コンビに。

2011年までリリーフエースとして活躍したが、2012年に国指定難病の「黄色靱帯骨化症」を患ってしまう。結局1軍への復帰は叶わず2014年限りで引退。

その後焼肉屋をオープンするも閉店したとのこと。現在の動向は不明。

 

【能力について】

コントロール

暴投の多さ(15暴投)がクローズアップされがちだが、BB/9は3.66と「ちょっとノーコンかな…」程度。今の基準だとデフォ(パワプロNEXT)のGはやりすぎ。

Fだとオーペナで好成績になりにくいため青特を若干多めに付けています。

対ピンチB

LOB率83.7%。平均より10%ほども良い数値。

対左B

対右被打率.229、被本塁打4本

対左被打率.174、被本塁打0本

回復B

70登板近く投げているならさすがに必要。

3連投を5回・4連投を1回経験している上、シーズン後半にかけて成績をむしろ向上させている。

キレ〇・奪三振

奪三振率12.74。全盛期は変化球のキレも抜群。

コントロールと総変化量を考えると奪三振率12点レベルを出すには両方必要なはず。

逃げ球

HR/9:0.50

失投が暴投になりやすい(≒真ん中に行きにくい)ことも考慮。

ノビC

動画を見ると糸を引くような真っすぐを投げている。

Bまでしてしまうとパロメーターが青くなりすぎるのでC止まりで。

 

【感想など】

現役時代の華やかさとかっこよさを知っているからこそ、引退後の報道とかを見てるとショックを受けるのは僕だけでしょうか……

 

 

ご覧いただきありがとうございました!