Innocent Room

主にアイドルマスターシンデレラガールズ・パワプロについて書いていきます。

2008 谷佳知(巨人) パワナンバー【再現選手】

こんにちは。

 

今回作成した再現選手は巨人時代の谷佳知選手です!

 

 

f:id:clt_ins0106:20200414113657j:plain

 

f:id:clt_ins0106:20200414113739j:plain

(お手数ですがよびかた音声の設定は各自でお願いします。。。)

パワナンバー:11700 60544 58467

 

”輝きを保ち続けた安打製造機

 

谷佳知(2008)

.295(349-103) 10本 45打点 5盗塁

 

【選手について】

「柔よく剛を制す」右のアベレージヒッター。

オリックス時代には4年連続.300越え。2003年には.350を記録するなど日本を代表する右打者として活躍したものの、故障の影響もあり2005年以降は成績が下降。2006年オフ、長田昌洋選手・鴨志田貴司投手とのトレードで巨人に移籍。

プロスペクト2人を放出して衰え気味のベテランを獲得したことに当時は疑問の声もあったが、移籍初年度の2007年は.317。完全復活を果たした。

移籍2年目の2008年も、亀井義行選手らの台頭もあり前年よりは出番を減らしたものの.295 10本と安定した成績を残す。以降も原巨人の重要なピースとして優勝に貢献し続けた。

2013年終了時にオリックスへ復帰、2015年シーズンを最後に引退。現在は評論家。

 

【能力について】

守備能力はデフォよりやや高め。まだ動けてる印象だったのでデフォの肩D守備Eじゃ少し弱いかな?と。*1

対左B

対右打率.272(180-49) 対左打率.320(169-54)

盗塁C

盗塁成功率.833(5-1)

流し打ち

この年の全安打のうち約30%が逆方向。右打ち技術も高い。

代打〇

代打時打率.476

 

【感想など】

2008巨人は阿部慎之助選手とこの谷選手が6・7番で控えてるのが強さの源だった気がします。下位打線でも全く気が抜けませんしね。

2000本打って欲しかった……

 

 

ご覧いただきありがとうございました!

 

*1:今の公式査定だと肩力・守備力が盛られ気味なのも背景としてあります