Innocent Room

1人のオタクが色々書いていきます。主にデレマス・プロ野球など。

【デレステ】筋トレ勢Pが解説する『SSR木場真奈美の筋肉が超人レベル』な話

こんにちは。

 

2020年3月24日。クール属性の完全無欠系アイドル木場真奈美の初のSSR[この身ひとつで]木場真奈美が実装された。

今回のSSRはスポーツジムで筋トレをしている姿が描かれている。木場さんは、”趣味:筋トレ”と公式で明言されている通りの圧倒的なスタイルの良さ・肉体美がぞんぶんに詰まっている。ぱっと見ただけでも「美しい」と思わせるボディだ。

しかし、木場さん同様に(多少)筋トレをかじっている筆者にはもうひとつ別の考えが頭に浮かんだ。それは、アイドルの枠を超えて、1人の筋トレ女子として、木場真奈美は最高峰にいるということだ。

そしてその答えはSSR画像の中に含まれていたのだ。

 

どういうことなのか?? 今回は実際のトレーニングメニューを見つつ、木場真奈美の筋肉のすごさについて語っていきたいと思う。

 

 

 

■はじめに

最初に筆者の筋トレ歴を記載させていただく。

20代前半 167cm/62kg 筋トレ歴:1年半ほど

ベンチプレスMAX72.5kg デッドリフトMAX120kg スクワットMAX120kg 

ある程度は筋トレにハマりだしたけどまだまだ。デレステで例えると『トワレとTOKIMEKIエスカレート以外のMASTERはクリアできるけど、MASTER+は無理』なレベルか。

とにかく「こんな人がこの記事を書いているんだ」と思ってくれると嬉しい。

 

SSR木場真奈美のイラスト

まずはSSR(特訓前)の画像を確認してみよう。

f:id:clt_ins0106:20200324200923j:plain

誰がどう見てもかっこいい。木場真奈美の真骨頂が全開の、最高のSSR画像だ。

 

ここで注目してほしいポイントが3点ある。それは「バーを首の後ろに引いてトレーニングしていること」「50kgの重量を用いてトレーニングしていること」「木場さんのフォームの美しさ」だ。

 

 

①トレーニング方法がすごい。

最初にレーニング方法から。

今回のSSRの中で木場さんが行っているメニューは『バックラットプルダウン』もしくは『ビハインドネックラットプルダウン』と呼ばれるメニューだ。主に背中の筋肉を重点的に鍛えるメニューになっている。

www.youtube.com

実は、トレーニング経験者からするとこのトレーニングをやっている時点で結構すごいことと感じる。なぜなら、背中を鍛えるメニューとしては上級者向けのメニューだからだ。

一般的によく行われているものは、同じ器具でもバーを顔の前側に持っていくタイプのトレーニング。いわゆる『ラットプルダウン』というもの。

www.youtube.com

なぜ上級者向けなのか?

 

1つ目は、2つのメニューで背中に効かせる難易度がかなり違うからだ。

背中の筋肉を効果的に鍛えるには、胸を張って肩甲骨を下げる動き肩に力を入れすぎないことが重要になる(詳しくは後述します)。この姿勢を作る難易度は、バーを後ろ側に持っていく動きの方が難しい。

木場さんがやっている『バックラットプルダウン』は背中への意識をしっかり向けていないと背中の筋肉をうまく刺激できなくなってしまう。

2つ目は、肩に負担がかかりやすいからだ。

木場さんのやっているトレーニング方法は、バーを首の後ろに持っていく動きの関係上、肩が後ろに行く動きが加わる。すると、肩に力が入りやすくなってしまい、怪我の原因になってしまう。

 

そんな難しいメニューを木場さんはいとも簡単にこなしているのだ。「趣味:筋トレ」はダテではないということだ。

 

 

②挙げている重量とパワーが想像の何倍もすごい。

あらためて重量を確認してみよう。

f:id:clt_ins0106:20200324210836j:plain

①の内容と合わせると、木場さんは『バックラットプルダウンで50kgを挙げている女性』ということになる。

また、木場さんの顔つきを見ると、歯を食いしばっている様子もなくいつも通りのトレーニングを平然とこなしているような顔つきだ。つまり50kgの背中トレも普段のトレーニングの一環と考えられる。

f:id:clt_ins0106:20200324211141j:plain

「女性で50kgを挙げられる」と聞くと、直感的にも”すごい人”なのは伝わってくると思う。でも、木場さんは”すごい人”ではとどまらない、”半端ない超人”なのだ。その理由をここから詳しく述べていきたい。

 

まず、①で述べた『(バック)ラットプルダウン』で1セットにやるべき回数は10回程度と言われている。木場さんの雰囲気を見る限り、50kgを10回こなすのは難しくないはずだ。

この数値と木場さんの体重から、『Strength Level Calculator』というツールを用いて木場さんがラットプルダウンで挙げられる(推定で)最も重い重量を求めてみる。すると、木場さんの最大重量は66.7kgという数字になる。

これだけだとピンとこないかもしれない。

実は、66.7kgという数字は『体重50kg*1のすべての筋トレしてる女性の中で上位10%』という数字なのだ。

【参考】

<50kg>Beginner:17kg  Novice:27kg  Intermediate:41kg Advanced:57kg  Elite:75kg

Beginner:下位5%。筋トレ始めたての人

Novice:下位20%。筋トレ歴半年以上の人

Intermediate:中位層。筋トレ歴2年以上の人

Advanced:上位20%。筋トレ歴5年以上

Elite:上位5%。筋トレ歴5年以上かつアスリートとして肉体を鍛えている人

(STRENGTHLEVEL様サイトを参照。原文英語)

繰り返し言わせていただく。

木場真奈美は「一般人も含めた上位10%」ではなく、「同体重の筋トレガチ勢の中でさらに上位10%」の背筋力を持った女性だ。言いかえるとトップアスリートともタメを張れるレベルの筋肉の持ち主だ。

そんな彼女は、トップアスリートでもなんでもない。”アイドル”だ。

 

かつてこれほど”強い”アイドルは存在しただろうか。いや、いなかった。間違いなく史上トップクラスの肉体を持った女性アイドル、それが木場真奈美なのだ。

 

 

③フォームの綺麗さがすごい。

木場さんのトレーニング姿を再確認してみる。

f:id:clt_ins0106:20200324215149j:plain

このフォームは、木場さんがやっている『バックラットプルダウン』での心がけるポイントを全て押さえているお手本のようなフォームなのだ。

 

タレントのなかやまきんに君さんは、『バックラットプルダウン』のフォームでの注意点について以下のことを述べている。

『1、まずは、胸を張る事。胸を張るという事は、肩甲骨を寄せているという事です。ほとんどの方は「胸を張って行う」としか言いませんが、それだけでは十分ではありません。

2、胸を張って(肩甲骨を寄せて)、そのまま肩甲骨を下げます(肩を下げる)。

これで正しい姿勢の完成です。

動作(筋トレ)の間は常にこの姿勢を緩めてはいけません。』

『ラットプルダウンで気を付けたいのは、肩が上がらないようにすること。肩が上がってしまうと、肩の僧帽筋ばかりに効いてしまいます。』

(なかやまきんに君のザ☆筋肉ブログ『【筋トレ】ラットプルダウンの正しいフォームとコツはこれだ!!』より引用。強調は筆者)

もう1度木場さんのフォームを見てみよう。

胸を張ること・肩が上がらないこと(・背中が丸まらないこと)といったことが徹底されていることが分かるはずだ。

 

レーニングの効果はフォームの良し悪しで大きく変わってくる。いくら重いダンベルやバーベルを上げていても、間違ったフォームだと筋肉に効かなかったりケガの原因にになってしまう。

木場さんのフォームは美しい。そして注意すべきポイントも完璧に押さえている。まさしく「筋トレ女子の鑑」のようなトレーニングをしているのだ。

 

 

■おわりに

いかがだったでしょうか?

 

木場真奈美さんは「誰がどう見てもすごいアイドル」なんだけど、実はそのすごさは並大抵のすごさではなかった。

アイドルの枠にとどまらないレベルで、1人の女性として完璧な人。

そんなことを、今回のSSRの筋トレのイラストから改めて気づかされました。

 

御覧いただきありがとうございました!

 

*1:公式プロフィール上の木場さんの体重