Innocent Room

主にアイドルマスターシンデレラガールズ・パワプロについて書いていきます。

【デレマス】原点にして到達点 [無印N 三村かな子]について

(2020/3/1 一部追記、修正しました。)

 

こんにちは。

 

当記事は『三村かな子総選挙2020』の私的応援記事となります。

 

[イベント概要] 

 

 

その中で優勝を果たしたのが『[N] 三村かな子』。いわゆる無印N

(以下「無印N」と表記させていただきます)

 

今回は、この無印Nかな子がもつ初期カードとしての完成度の高さについて語ろうと思います。 

 

このカードは、性格面や外見的な可愛さをはじめとした「かな子らしさ」がすべて詰まった良カードだから。

そして、最も入手難易度が低いカードという性質上、誰でも簡単に手が入る、三村かな子入門」として非常に適したカードだから。

 

この記事を通して、1人でも多くの方々が三村かな子というアイドルに興味を持ってくれたらとても嬉しいなって。

 

 

 

 

 

改めて無印Nのカードを確認してみよう。

f:id:clt_ins0106:20200210154335p:plain

このカードを言語化してみると、「等身大の女子高生が、自然体の笑顔でこちらを向いている」カードだ。

実はこの”等身大の女の子”+”自然な笑顔”という構図が、初期カードの役割である三村かな子の魅力を端的に、かつ象徴的に表す」ことを完璧にこなしているように思える。

 

以下で、どの点がかな子の魅力を表しているかを詳しく書いていこうと思う。 

今回は『表情』『服装』『スタイル』に焦点を当てて考えていく。

 

 

-----------------------------------------------------------------

 

 

まずは『表情』

 

 

多くのゲームにおいて、初期カードはキャラクターの方向性を決める重要なものになる。第一印象でそのキャラの性格・特徴が読み取られてしまうからだ。つまり、初期カードこそキャラクターの本質を示したものということができる。

例えばあるアイドルの初期絵には、それぞれ「アイドルの特徴が一発で分かるもの」が含まれている。姫川友紀のユニフォーム姿、佐久間まゆの赤い糸、浅利七海の魚のぬいぐるみは最たる例だろう。

不機嫌だったり、心を開いていない表情・顔つきを初期絵にすることで、その後の心理的成長をプレイヤーに期待させるための初期絵もある。荒木比奈緒方智絵里関裕美橘ありす結城晴あたりがその分類に入る。

 

無印Nのかな子は目線をしっかり向けつつ、口をしっかり開けて笑顔を作っている絵になっている。見た人に非常に安心感を与える表情といえる。
また、この表情からは不安・敵意・困惑・傲慢といった負の感情は見えてこない。顔から性格の良さがにじみ出ていると言ってもいいだろう。

 

つまり、三村かな子の本質は「普通の女の子が自然に素敵な笑顔を見せること」「とても人柄のいい女の子」であることが示されている。

 

 

-------------------------------------------------------

 

 

次に『服装』

 

表情以外に、服装もキャラクターのイメージを象徴しているといえる。服のチョイス・着こなしに性格や嗜好が出やすいからだ。

例えば軍隊スタイルを全開に押しだしている大和亜季・「森ガール」的ファッションでゆるふわ感を醸し出す高森藍子あたりは服装でキャラクター性を出しているアイドルといえる。

 

また、学生アイドルの制服の着こなしも性格や個性を示すポイントとして描写されている。ギャル系アイドルの城ヶ崎姉妹やフリーダムギフテッドの一ノ瀬志希はYシャツを着崩している着こなしの一方、(初期は)堅い性格の松尾千鶴・白雪千夜あたりはセーラー服を着崩さずしっかり着ている絵になっている。

 

 

そこで改めて無印N三村かな子を見てみよう。

彼女の制服はベージュのカーディガン+Yシャツ+青リボンとなっている。他のアイドルはセーラー服、ブレザー、Yシャツオンリーなどが主流であり、カーディガンを着ているアイドルは実は珍しい。

ここから2つのことが考えられる。

 

1つ目は「服の色が与える穏やかな印象」だ。

 

かな子の着ている服の色”ベージュ”には以下の効果があるとされている。

「ベージュ」が持つ一般的なイメージ・意味の中で
ポジティブなものには
「リラックス・穏やか・やわらかい・ナチュラル・優しさ・安心感・控えめ・落ち着き・寛容」「センスが良い」などがあります。

(『LES AILES DE MA COULEUR  レゼル・ド・マクルール ~私色の翼~』様 

2019/5/10の記事より引用)

https://la-macouleur.com/column/color-beige-2

つまり、三村かな子の特徴の「優しさ」「穏やかさ」「安心感」にピッタリの色がベージュということになる。制服の色だけでかな子の人の良さ・懐の広さを伝えられている。

 

 

2つ目は「カーディガンのデザインから感じる、可愛さへの憧れ」だ。

 

かな子のカーディガンの胸元には大きなワッペンがある。おそらく学校指定のカーディガンだろう。このカーディガンをよく見ると、腕に2本のラインがある。カーディガンの中では可愛い部類に入るはずだ。

女子中学生が志望校を選ぶ中では「制服が可愛いから」という理由もそれなりに耳にする。詳しくは後述するが、三村かな子アイドルになって可愛くなりたい願望を持つ女の子だ。可愛い制服に惹かれて志望校を選んでも不思議ではないだろう。

 

 

かな子は自己評価が決して高くない。デレステコミュ内でPからアイドルの勧誘を受けても、「取り柄がない」という理由から躊躇している描写もある。

 

f:id:clt_ins0106:20200210152417p:image

 

 

f:id:clt_ins0106:20200210152518p:image

 

しかし、 かな子の本心は「アイドルになりたい」「可愛くなりたい」「変わりたい」というものだ。

 

f:id:clt_ins0106:20200210152541p:image

f:id:clt_ins0106:20200210152549p:image

 

(初対面のPにカップケーキをくれるかな子が無限に可愛い。。)

かな子が心の底で抱えていた「可愛くなりたい」「変わりたい」を叶えてくれる存在(=P)を信じてついていくことを決めた時の笑顔。この表情が、自分の夢が叶うかもしれない晴れやかさを象徴しているように見えた。

 

話題が逸れたが、それほど可愛さや変身願望を持つ女の子なのだから、可愛い制服の学校を選んで「可愛い自分になろうとした」解釈も十分に可能ではないか。

 

 

このあたりも含めて、三村かな子は『等身大の女子高生』という言葉が非常に似合うアイドルだと思う。

かな子の初期カードは、「どこにでもいそうな、でも探してみるとどこにもいない可愛くて優しい女の子」というイメージをプレイヤーに示すのにはとても効果的なカードなはずだ。

 

 

---------------------------------------------------------------

 

 

最後に『スタイル』

 

本人は「スタイルなんて……」と言っているが、初期カードにははっきりとした胸の膨らみが確認できる。流石B90は伊達ではないと言ったところか。

第一印象での胸の大きさは、確実にアイドルとして大きな利点になる。なんやかんや言って、僕みたいな男性ファンはバストサイズで推しを決める面もありますのでね……

 

公式プロフィールの【153cm 52kg B90/W65/H88】という点も、確かにアイドルの平均からしたらやや多いかもしれないが、トランジスタグラマー的要素として逆に武器にもなりえる。

実際にむっちり系アイドルとして売り出し、一定の人気を得ているアイドルも存在する。*1そういった面も含めた愛嬌の良さも無印Nから感じ取ることができる。

 

ビジュアル面での良さも十分に発揮されたカードといえるだろう。

 

 

---------------------------

 

 

いかがだったでしょうか?

 

初出カードはキャラの特徴を象徴するカードと言われるが、[N]三村かな子も彼女らしさが全開のカードです。

 

皆さんがこの機会に『三村かな子の世界』に足を踏み出してくれたら、筆者としてこれ以上の喜びはありません。

そのための一助になったならとても嬉しいです。

 

御覧いただきありがとうございました!

 

 

【関連記事】

www.clt-ins0106.com

 

www.clt-ins0106.com


 

 

*1:篠崎愛さん、谷澤恵里香さん、野呂佳代さんあたりが思い浮かぶ