Innocent Room

主にアイドルマスターシンデレラガールズ・パワプロについて書いていきます。

【感想】劇場版『SHIROBAKO』が働く大人への応援メッセージだった話

こんにちは。

 

今回は劇場版『SHIROBAKOのレポ記事です。

 

 

 

今作品は、前半パートで暗くてリアルで残酷な、「アニメ業界の現状」「好きなことで稼ぐこと」の厳しさと大変さを痛感させられます。しかし、その中でも各キャラクターが現実と抗って奮闘する姿が、僕たちにも前向きになるエネルギーをくれる、そんな映画でした。

 

SHIROBAKOのアニメ版を全話見た僕からしても、非常に満足度が高い作品に思えました。多くの方に勧めたいし見てほしい作品です。

スタッフロールが流れている間、僕は劇場でボロボロ泣いてました……それだけ”魂”がこもっている作品でした。

 

以下、詳しい感想を述べていきます!

 

≪注意≫

〇当記事は劇場版『SHIROBAKO』のネタバレを大量に含みます。未視聴の方の閲覧は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

あらすじ

いつか必ず何としてでもアニメーション作品を一緒に作ろうと、ひょうたん屋のドーナツで誓いを立てた上山高校アニメーション同好会の5人。卒業後それぞれがそれぞれの場所でアニメーション制作に携わっていく。宮森あおいは「えくそだすっ!」「第三飛行少女隊」の制作を経て、少しずつ夢へ近づきつつ、徐々に自分の本当にやりたいことを考え始めていた。

あれから、4年。日々の仕事に葛藤しながら過ごしていたあおいは朝礼後、渡辺に呼ばれ新企画の劇場用アニメーションを任されることになる。しかし、この企画には思わぬ落とし穴があった。今の会社の状況で劇場用アニメーションを進行できるのか?不安がよぎるあおい・・・新たな仲間・宮井 楓やムサニメンバーと協力し、完成に向けて動き出す。果たして、劇場版の納品は間に合うのか――!?

(劇場版『SHIROBAKO』公式サイトから引用)

 作品の舞台はTVアニメ版終了後から4年後の武蔵野アニメーション

 

アニメ版は、武蔵野アニメーション(通称『ムサニ』)制作の『第三飛行少女隊』が無事に完成し、同社が発展していく気配を漂わせながら『俺たちの戦いはこれからだ!』という形で幕を閉じました。

 

……が、4年経った武蔵野アニメーションには当時のような活気はありません。スタッフは減り、会社内も寂れた雰囲気に。

その原因は、復活を遂げたムサニに降りかかった、オリジナルアニメ制作中止事件(『タイマス事変』)。これにより、ムサニの評判は悪化し、事業縮小に追い込まれ、スタッフも多く退社することになってしまいました。

この状況下でもムサニに残って奮闘している宮森あおい。しかし、「自分がいくら頑張っても仕事が上手く回らないし会社も伸びない」現実を直面して、以前より落ち込む場面も増えてきます。

 

そんな中、ムサニに劇場版アニメーション制作の話が巡ってきます。武蔵野アニメーションとしては、今度こそ会社の興亡を懸けた千載一遇のチャンス。そして宮森あおいはラインプロデューサーという大役を任される。

しかし例によって、各種関係者との交渉は難航。同時に非常に厳しいスケジュールに追われることになる。

その中で宮森あおいをはじめ、各キャラクターたちがなんとか劇場版の制作に向けて奮闘していくのだが……

 

 

感想

 

本当に見てよかった。最高。

待ち望んでいた未来とは違っていたけど、逆に「今を生きる」登場人物の苦悩と奮闘が浮き彫りになってて見ごたえがあった。

ファンからしても大満足の作品になっていました。

 

たのしい!という感情よりは、明日からも頑張らねばという感情が真っ先に出てきた感じです。「頑張りたい」よりは「頑張らねば」。

歩みを止めた瞬間が終了ということを非常に心に刻まされました。

人生を走り続けるためのエネルギー源として最高の作品だと感じています。

 

■TVアニメ版との物語の焦点の変化

 

TVアニメ版はどちらかというとアニメ業界内の苦悩がクローズアップされ、その中で成長する登場人物…という構図でした。

TVアニメ版から4年経ってメインキャラが20代中盤に差し掛かった劇場版は、より働くことそのものへの本質的な苦悩に焦点を当てた作品になっていたように感じました。

 

例えば主人公の宮森あおい

TVアニメ版では”新人の制作進行”として、自らの力をすべて出しつつも周りには支えてくれる先輩たちがいた。勢いのまま突っ走っていって、『第三少女飛行隊』も成功させることができた。

しかし、それ以降は”みゃーもり自身がコントロールできないこと”のせいで会社が傾いていく。自分は最善を尽くしていて、寝る間も惜しんで働いて、それでも結果に結びつかないし報われない。

そんな働くことの現実を残酷に描いているシーンがとても多いです(特にみゃーもり周辺)。

TVアニメ版に比べて、自分の目標に思い悩んだり、押し殺していた辛い感情を抑えきれなくなったり、深刻な顔をしたり……といった等身大の社会人としての厳しさが容赦なく描かれているように感じました。

 

また、山田監督遠藤さんのように過去の失敗を引きずって立ち直れない人たちもたくさん出てきます。彼らの考え方や絶望感、生活の荒み方がとてもリアルで………。

アニメなのにドキュメンタリー番組の1シーンを切り取ったかのような深刻なシーンもたくさん出てきます。

 

劇中でも語られていたように「好きなことをする」のと「好きなことで稼ぐ」のは別物。後者の方が圧倒的に大変だし責任も伴うもの。

好きなことで飯を食っているはずなのに……自分自身はベストを尽くしているはずなのに……報われないというあたり、僕も含めて苦しい思いになった人も多いはず。

 

それでも登場人物は全身全霊をかけて仕事を続けます。かっこ悪かろうと、あがきながらも前に進みます

一度は絶望しきっていた人たちも、作品を目の前にして文字通り自分たちのすべてを出し切ります。

そうしてやっと”白箱”が完成するのでした。

なんというか……古臭い話になるのかもしれないけども、「あきらめたらそこで試合終了だよ」ということを改めて教えてくれる作品でした。

 

■「前を向く人」と「後ろを見ている人」の対比

僕今回の裏テーマと感じた点はここでした。

『タイマス事変』以降、武蔵野アニメーションは衰退し仕事量も人員も減っていくわけですが、明らかに”まだ前を向いている人”と”諦めかけた人”が浮き彫りになっているように見えました。

 

例えば木下監督や遠藤さん。彼らは、タイマス事変以降で完全に仕事に対する情熱をな失い、自分の中の殻に閉じこもっている状態でした。仕事の話になっても「どうせ無理だ」「また失敗する」と後ろ向きの考えでした。

そんな彼らを励ましたのは、失敗があっても前向きに挑戦し続ける人たちでした。

万策尽きてたアニメ業界からパティシエへ転身という勝負をかけ、見事に成功している本田さん。タイマス事変後もアニメへの情熱を入れ続ける下柳さん。絶望的な状況からも打開を試みるみゃーもり。現状を憂いて厳しくも温かい喝を入れる瀬川さん。

彼(彼女)らの熱意と心の強さが、2人を再度仕事へ向ける起爆剤になっていきます。

 

本当に絶望は人からエネルギーを奪い・希望はエネルギーを与えてくれるものというのを痛感します。

前向きになることって一番難しいことだけど、一番大切なことなんですよね。劇場版SHIROBAKOを見てると強く心に刻まれるように思います。

 

 

 

■演出面のクオリティの高さ

いや~~~ほんとにやばかった。アニメを題材としたアニメだからこその、アニメの表現方法が全開の演出がもうすごすぎて……

 

ファンタジー風の作画、レトロ風味の作画、少年漫画風の作画、萌えアニメ系の作画、シリアスな作画……

今までのアニメの歴史を1本に凝縮させているかのように絵のタッチを七変化してくる描写はびっくりした。度肝を抜かされました。

 

最初の部分の、最盛期と現状との落差を浮き彫りにしたポイントもすき。

曲で寂れた”現状”を意識させ、車で資金繰りを暗示させた直後に、みゃーもりが幻を見ているといった形で今の寂れたムサニを表現してたのが「そうくるか……!」ってなった。

ビジュアル面でもかなり見ごたえがある作品でした。

 

 

各キャラクター考察

 

宮森あおい

スーパープロデューサー。超人。

当作品の主人公であり、当作品の「フィクション性」「理想のキャラ像」をうまく詰め込んだキャラだと改めて感じました。

 

アニメーション版でもあった高いコミュニケーション能力と管理能力、バイタリティは今作も健在。さらに今作では、かつての失敗を引きずる大人たちに対して熱く檄を飛ばして立ち直らせるような精神面での強さがさらに際立っていた印象があります。

本人も内心ではムリだと思っているような案件・状況でも、無理やり「できる」「やります」と言うことによって自分自身も周りも奮い立たせるような場面も目立ちます。

 

それほど優秀で内面も優れた人間から、「この作品のためにどうしても協力してほしい」と頼まれたら、どのスタッフも喜んで宮森あおいのために全力を尽くしてくれるでしょう。

武蔵野アニメーションにとって、”人を集めて動かせる力を持つ存在”がいることは最大の財産です。文句なくムサニのエースだと感じます。

 

前述の通り、みゃーもりの仕事って5人組で唯一「人を動かす仕事」だから、自分でコントロールできない範疇でトラブルが起きたりも多いんですよね。

アニメ版では語られることが少なかった生活模様、悩んでる描写がとても胸に響きました。家に空き缶や服が散らかってたり、丸川さんに涙ながらに想いを吐露したり。

ひとつひとつの生々しさが刺さりまくりでした。

 

……とは言っても、ここまで優秀極まりない人っていないじゃないですか。。。

現実はもっともっと一癖二癖ある人達ばかりだし、人間関係と進捗管理を両立できる人ばかりじゃないし……

みゃーもりは「等身大の主人公」であると同時に「社会人の憧れの姿」でもあるんだなと強く実感しました。

 

ミュージカルシーンは僕的にはいらなかったかな……むしろみゃーもりの今の精神状態の比喩に見えてしまいました。

 

安原絵麻

ムサニ離れてるのは結構びっくりした。でもこれが現実なんだよね。

肩書が『作画監督』になったのを見て、絵麻ちゃんも成長したなあ……としみじみしました。

 

みゃーもりと『ラインプロデューサー』『作画監督』として”大人の会話”で契約の取引をするシーン、めちゃくちゃすき。お互いを「仕事人として」尊敬しているところが感じ取れてすごく好きなシーンでした。

 

後輩アニメーターの久乃木愛ちゃんと2人で共同生活をしながら原画マンをやっているのは新鮮。かつ、2人の性格を見るととても相性がいいコンビだと感じます。

絵麻ちゃんも愛ちゃんも、大人しくて感情を内にため込みがち。言葉でのコミュニケーションは決して得意ではないタイプ。でも、その分2人ともとても真面目で技術向上への意欲も高いし、めちゃくちゃ優しい人同士。

愛ちゃんが上手く話せないことを絵麻ちゃんが補完してあげたり、絵麻ちゃんが食事を忘れるほど作業に没頭している中で愛ちゃんが食事を作ってあげたりと、お互いの弱点をお互いで補っている名コンビ感がすごかった。

 

風呂とトイレがあることに感動してる描写は正直切なかった。。。アニメ業界の闇を垣間見た気分でしたね。。。

 

坂木しずか

また彼女のイケメン具合が見れてよかった

TVアニメ版での彼女の物語が「売れない若手声優の苦難」なら、今回は「タレント売りされている声優の苦難」でした。同じキャラで声優界の2つの部分を切り出す。しかも、本人の成長した姿を踏まえながら。

最高っすわ………!!

 

アニメ版でのここまでの経歴を見ると、居酒屋バイトを卒業して仕事が安定して有るだけでもよかった…と思えるレベル。

でも本人が目指しているのは「声優として成功すること」だった。先輩に相談し、臆することなく自分の意思を伝えてチャレンジする姿がとてもかっこよかった。

先輩声優の『自分の判断に自信と責任を持て』という言葉も刺さったし、それを後輩に共有してる姿もキュンときた。やっぱりずかちゃんは後輩に慕われるいい人だよなって感じました。

 

アニメ版のずかちゃん、映画でのずかちゃんの姿を見てからずかちゃんのアフレコシーンを見た時、不意に涙が出ていました。本当に感動しました。

 

藤堂美沙

20代半ばで指導・管理を任されてるあたり本当に優秀なんですよね。

周囲のクオリティや進捗が予定に追いつかないことへの焦り、周りへの接し方、後輩の成長……

すごく生々しい苦悩が描かれているなと。

 

なまじ出来るからこそ自分で抱え込もうとする描写がかなりリアルだった。その後に人に頼ることを覚えた美沙ちゃんは今後どう成長していくかもっと見てみたい。

 

今井みどり

アニメーション同好会で一番の出世頭では???

とはいえ、アニメ版でもチャンスを生かそうと貪欲に動いてたのがりーちゃんだから今の立ち位置も納得してます。

 

野球系の脚本で表現に不満があるからといってすぐにカーブとフォーク覚えてくる件が印象に残っています。どれだけ知識欲とこだわりと表現への追求心があるのかって。

だからこそ、中盤で舞茸さんがスランプに陥ったときに的確なアドバイスを送れるような観察眼や洞察力も磨かれていったと感じます。

 

(変化球も含めて)キャッチボールのシーンめっちゃすき。もうボールを「受け取る」だけではなく、対等に「返せる」立場になったことを象徴しているかのようです。

投球フォームが超綺麗なのは正直笑った。センスありすぎでしょ。

 

舞茸先生にライバル扱いされるほどになったりーちゃん……これで20代中盤なのだから末恐ろしいですね……

 

宮井楓

キービジュアルでは出番バリバリみたいな立ち位置だったけど、思ったより出番なかったね……

「普段から会社に不満を持っている、みゃーもりと同じくらいの年代の女性」という、もっともっと人物像を見たかったキャラの1人でした。葛城さんが上司だったら不満持ってそう。

コミュニケーション能力とかラストシーンでの行動を見てると間違いなく仕事ができる人間って描写ばかり。みゃーもりとは気が合うに決まってる。

 

渡辺隼

クールだけど業務は確実にこなす仕事人。

大局観をしっかり持ちつつも、要所要所でみゃーもりに仕事を一任させて劇場版公開にたどりつく手腕がすごいなと。

みゃーもりに十分にリスクと制約の大きさを伝えた上で、みゃーもりを信用して託してる姿イケメンすぎた。

 

佐藤沙羅・安藤つばき

メインキャラ5人に比べると地味かもだけど、自分たちの仕事を確実にこなしている姿が印象的でした。

段取りもきっちりしてるし仕事の進捗もよさそうなのを見ると、みゃーもりがメンターとしてしっかり指導してくれたんだなって思いを感じます。

 

高梨太郎・平岡大輔

いやお前ら名コンビか????

タローは企画持ち込みを生業とするフリー演出に。平岡さんもフリーで活動中。

タローが演出……めっちゃ似合う。タローを見てると相当エネルギーに溢れている男なのが伝わってくるから、対人調整がメインの制作進行は苦手でも、自分の中のアイデアを外部の人間にバンバン売り込む演出業なら才能をより生かせそうに見えるんですよね。

平岡くんがめっちゃ気の利く男になってたのが驚いた。みゃーもりにアドバイスしたり、りーちゃんの記事読んだよって声をかけたり。

やっぱムサニのみんなが心の氷を溶かしてくれたのが仕事に好影響を与えてるのかな。

 

遠藤亮介・下柳雄一郎・瀬川美里

個人的にめちゃくちゃ好きな絡み。

いい大人の遠藤さんが昼間からゲーセンの格ゲーで無為に時間を潰している姿は正直見ててしんどかった。昔の輝きはどこに行っちゃったんだろうって。

 

遠藤さんに対して叱咤激励をする瀬川さん。言葉の熱さもさることながら、わざわざゲーセンに通って遠藤さんがやさぐれてるとこを見つけて直接言いに行くとこがよかった。遠藤さん好きすぎかよ。

 

それもいいんだけどまあ~~下柳さんの言葉が最高。

決して遠藤さんを責めず、遠藤さんの内面にあったアニメの情熱という鉱脈を掘り当てるかのように、言葉を選んで遠藤さんがやる気を取り戻すのを信じる振る舞い。昔語り合ったロマンを共有しあい、「お前の絵が見たい」と語りかけるところ。

男の最上級の友情だ……と強く心に響きました。ずっと名コンビでいてほしいなあ。

 

丸川正人・本田豊

ともにムサニを去って料理人に転向した人たち。今はアニメ業界から離れたからこそ、外の目線から心に響く発言をしてくれた2人。

 

丸川さん……。『タイマス事変』も丸川さん自身の責任は大きいものじゃないはずなのにけじめでスパッと辞めたんだ……。

みゃーもりに対して仕事への取組み方・考え方について、温かくも厳しい言葉で励ませる知見も優しさも持ち合わせてるとこ見るとムサニにとって本当に大事な人材だったことを痛感します。

本田さんも万策尽きることなくパティシエを続けている様子。彼は今作の登場人物の中で最も「仕事を楽しんでいる」人物の1人だと思います。そんな彼がみゃーもり・現社長・木下監督と会った時の言葉と雰囲気。

「仕事の楽しさ」を再認識させる、隠れた名脇役だったのではないでしょうか。

 

矢野エリカ・小笠原綸子・井口祐未

旧ムサニが誇る中堅女性陣の有能スリートップ。今作も健在でした。

一番大事な時に帰ってきて、みゃーもりの補佐と木下監督の操縦を完璧にこなした矢野さん。相変わらず美人だった。

持ち前の画力の高さで劇場版制作への危機を救った小笠原さん。彼女のアニメ観は考えさせられるものがありました。

みゃーもりに頼まれ再びムサニで仕事をした井口さん。はっきり自分の意見を言いきれる強さは相変わらずよき。

僕が好きだった方たちなので、活躍できる姿を再び見れただけでも満足でした。

欲を言えばもう少し見たかったってのもあるけどね。

 

 

最後に

いかがでしたか?

劇場版『SHIROBAKO』、胸がぎゅっと締め付けられる部分も正直多いです。その分、映画を見ている人たちの苦しさ・しんどさに共感できるシーンが多いように感じます。

 

見て損はないです。

むしろ見てくれ。

 

そう言える作品だったと感じています。

 

御覧いただきありがとうございました!